CONTENTS

『フコイダン 癌』 最新ツイート

@LeewayOshino

asumiiteアスミーテは水素水に制癌作用を持つフコイダンを配合した業界初の健康飲料水。 ナノバブル技術で生成した水素水は高濃度の水素を手軽に摂取できます。 癌を始め生活習慣病や老化など、あらゆる症状改善に効果を期待できます。https://t.co/LxcF7alFYA%

28分前 - 2017年10月22日


@LeewayOshino

asumiiteアスミーテは水素水に制癌作用を持つフコイダンを配合した業界初の健康飲料水。 ナノバブル技術で生成した水素水は高濃度の水素を手軽に摂取できます。 癌を始め生活習慣病や老化など、あらゆる症状改善に効果を期待できます。https://t.co/LxcF7alFYA%

2時間前 - 2017年10月22日


@LeewayOshino

asumiiteアスミーテは水素水に制癌作用を持つフコイダンを配合した業界初の健康飲料水。 ナノバブル技術で生成した水素水は高濃度の水素を手軽に摂取できます。 癌を始め生活習慣病や老化など、あらゆる症状改善に効果を期待できます。https://t.co/LxcF7alFYA%

14時間前 - 2017年10月21日


フコイダンの有効成分とがん細胞

フコイダンの有効成分とがん細胞 フコイダンはワカメやコンブ、メカブといった海藻類の物にあるヌメリ成分である粘着性多糖類の事を指します。
この成分が持つ有効成分には硫酸化フコースががん細胞に対して有効な効果を挙げており、マクロファージやナチュラルキラー細胞のような免疫細胞を活性化する働きを持ってます。
がん細胞は白血球等の免疫細胞に対して細胞として認識させて、攻撃対象から逃れる能力を持っており、異常増殖する事で身体に悪影響を与える働きを持っています。
通常の免疫細胞とは違うマクロファージは、死んだがん細胞を摂取する事で情報と身体に与える影響性を知り、脅威度をがん細胞からの攻撃を逸らす命令を無視する事が可能な免疫細胞の一つであるキラー細胞に伝達する事で、がん細胞に対して有効な攻撃を行う事が可能になり、副作用を持つ総当り性の抗がん剤とは違い、ピンポイントで攻撃する事によって他の細胞を攻撃する事によって、身体を壊す事なくがん治療に効果的である事がフコイダンの効能になります。

フコイダンの医学的メカニズムについて

コンブやワカメ、メカブ、モズクなどの褐藻類は、表面が粘り気のある成分で覆われています。
この部分に含まれているフコイダンには、ナチュラルキラー細胞と呼ばれる免疫細胞を活発にする作用があります。
ナチュラルキラー細胞はNK細胞とも言われ、病原体やウイルスを攻撃する細胞です。体内を循環し、異常細胞を発見次第除去しますが、フコイダンはこの細胞を活性化させるため、その結果、身体全体の免疫力が高まります。
また、十二指腸潰瘍や胃潰瘍の原因となるピロリ菌を除去する作用も認められています。ピロリ菌は胃酸の中でも生きられる細菌ですが、硫酸基に吸い付く性質があります。
フコイダンにはその硫酸基があるため、ピロリ菌を吸着し、そのまま体外に排出することができます。
さらに、肝細胞増殖因子の生成を促進することで肝機能を高める他、腸内環境を整える作用もあります。
最近の研究では、ガン細胞の抑制効果も期待できることがわかっています。